HOME | ガイド | =個人旅行(現地発着ツアー)=
おすすめ・キャンペーン
 
まとめ買いキャンペーン

アンディーナ・トラベルの個人旅行:4つの特色

1.安心の専属ガイド同行。
現地空港に着後のお迎えから、全行程で現地サポートいたします。専属ガイドと専用車は、各空港から全行程でプライベートな旅にご案内します。
 
2.安心のサポート体制
専属ガイドが同行するのに加えて、現地各都市には24時間対応するサポート体制があります。旅の行程は、各オペレーション担当者がサポート管理しています。二重三重のバックアップ体制で、旅の進行を裏で支えています。
 
3.高山病対策もしっかりサポート
標高3,000m以上の高地を訪問する旅行では、高山病対策が重要です。専属ガイドが細かくお客様の健康状態を踏まえて、予防対策に努めます。また、弊社担当者も高山病対策のプロフェッショナルです。出発前から、安心するまで高山病予防のコツをご案内可能です。
 
4.新婚旅行には、宿泊や食事にもっとこだわる
新婚旅行では、宿泊や食事にワンランク上のこだわりをしたいところです。部屋数限定の有名ホテルもお任せください。各国でこだわりのメニューとレストランを手配します。
 

個人旅行の手配内容では、それぞれのエリアに特徴があります。

マチュピチュ(ペルー)
クスコ発着で、日本語ガイドが同行します。深いインカの歴史の説明では、日本語ガイドは不可欠です。
※「インカトレイル」をご案内できる日本語は数名のみです。許可証の取得の段階で、日本語ガイドを確保できない場合には、英語ガイドになることもあります。
※日本からの国際線は深夜着です。1日目は、リマのホテル送迎を専属係員が担当します。

ブランカ山群(ペルー)
ワラス発着で、英語ガイドが同行します。現地ガイドは日本人に慣れていますが、基本的な英語の会話力は必要です。
※日本からの国際線は深夜着です。1日目は、リマのホテル送迎を専属係員が担当します。
※リマ/ワラス間の移動の手配も弊社が担当することで、現地オフィスは全旅程で一括して管理します。

ウユニ塩湖(ボリビア)
ウユニ発着で、英語ガイド(または日本語ガイド)が同行します。雨季のウユニ塩湖では、日本語ガイドは不足していますので、英語ガイドの確保が確実で、料金も割安です。 現地英語ガイドは日本人に慣れていますが、基本的な英語の会話力は必要です。
※ラパスでの手配も、日本語ガイド、または英語ガイドが担当します。

チチカカ湖、レアル山群、アマゾン(ボリビア)
<チチカカ湖&レアル山群>
ラパス発着で、 英語ガイド(または日本語ガイド)が全行程を同行します。
<アマゾン>
アマゾン発着で、英語ガイドが同行します。ラパスでは別の係員(またはガイド)が対応します。


 
アタカマ高地(ボリビア・チリ)
ウユニ発着で、英語ガイドが同行します。チリ国境方面の名所を周遊して、ウユニに戻ります。ボリビア内のアタカマを巡り、ウユニに戻るのが最も効率的です。 現地ガイドは日本人に慣れていますが、基本的な英語の会話力は必要です。
チリに国境を抜けて、サンペドロ・デ・アタカマに行く場合には、国境でチリの英語ドライバーに交代します。
※ラパスでの手配も、日本語ガイド、または英語ガイドが担当します。

フィッツロイ山群(アルゼンチン・パタゴニア)
カラファテ発着で、専属ドライバーが送迎(カラファテ=チャルテン)をします。トレッキングでは、チャルテン発着で専属マウンテン・ガイド(英語)がご案内します。現地ガイドは日本人に慣れていますが、基本的な英語の会話力は必須です。
カラファテ/チャルテン間の送迎では専属ドライバーのみが基本です。ペリトモレノ氷河観光などは、他のツーリスト同乗の混載観光です。他の国々に比べて専属ガイド同行の区間は少ないので、自立した旅行者向けの手配です。
※手配は、在チャルテン村のオフィスで管理します。
※ブエノスアイレスでは、在ブエノスアイレスの手配会社で、専属英語係員または英語ガイドが、ブエノスアイレス観光・タンゴディナーショー・空港送迎などにご案内します。

パイネ国立公園(チリ・パタゴニア)
プエルトナタレス発着(プンタアレナス発着)で専属英語ガイドが同行します。基本的な英語力は必須です。パイネ国立公園は、最寄りの町プンタアレナスから3.5時間の距離にあり、国立公園内の宿は数軒のみです。ガイド同行で宿泊にはコストがかかります。パイネ国立公園では、滞在日数を少なくして、いかに効率良く動くかが重要です。 他の国々に比べて専属ガイド同行の区間は少ないので、自立した旅行者向けの手配です。

エンジェルフォール(ベネズエラ・ギアナ高地)
カラカス発着で、エンジェルフォールの往復を英語係員またはガイドがご案内します。日本人の対応に慣れていますが基本的な英語力は必要です。
カラカス、経由地のプエルト・オルダス、カナイマでは、別々の係員(またはガイド)がご案内しますが、切れ目なく全旅程を、在プエルト・オルダス(またはカラカス)のオフィスがサポートしています。

ロライマ(ベネズエラ・ギアナ高地)
カラカス発着で、 英語係員またはガイドがご案内します。ロライマノガイドは、ロライマ山麓のサンタエレーナでお出迎えします。カラカスを始め、経由地プエルト・オルダスの乗り継ぎでは別のスタッフが対応します。基本的な英語力は必要です。
エンジェルフォールに比べて遠方にあるため、コスト・日数ともに、エンジェルフォールよりも多く必要です。