HOME | 国・エリア紹介 | パタゴニア | パタゴニア旅行&トレッキング
製品ラインナップ

パタゴニア

パタゴニアとは、南米大陸の南端部、アルゼンチンとチリの両国にまたがる広大な地域の総称です。
南米大陸の南端部に位置するパタゴニアは、アルゼンチンとチリにまたがる日本の約3倍の広さを持つ土地です。1520年にマゼランが目撃した先住民に由来したと言われます。“pata”は「足」、“gon”は「大きい」を意味するので、「大きな足の人々が住む土地」として「パタゴニア」と呼ばれるようになったと言われています。また、当時ヨーロッパで有名な小説の登場人物の名前に由来するとも言われます。実際に、先住民が大きな足を持つわけではなく、グアナコ(ラクダ科)の毛皮を靴にしていたからです。
南米の北端ベネズエラから始まるアンデス山脈はマゼラン海峡で沈み込み、再び隆起するのがフエゴ島です。まさに。パタゴニアは南米の尻尾に当たります。アンデス山脈を境に、パタゴニアは、アルゼンチンとチリに分かれます。山脈を境に気候や地形も変わります。チリ側は、氷河の浸食によるフィヨルドが複雑に入り組み、山と湖の景観の美しい土地です。アルゼンチン側は、ゆるやかに太平洋に斜面は下り、果てしない大草原(パンパ)が延々と広がります。アルゼンチンとチリの双方で、西風がとても強く、南極ブナの木が風向きに育つほどの「風の大地」です。

個人旅行で楽しむトレッキング

パタゴニアの自然を体感するためには、「歩く」ことをお勧めします。トレッキングをすることで、有名な景勝地を巡るだけの観光よりも、より深くパタゴニアの自然を感じることができます。
海外トレッキングは敷居の高いアウトドアスポーツとして認識をされがちですが、それぞれのお客様のご経験に合わせてコーディネートすれば、それぞれのお客様の体力・経験に合わせたトレッキングを体験することができます。個人旅行だからできるオーダーメイドのトレッキングです。

パタゴニアの2大山群:フィッツロイ山群(アルゼンチン)とパイネ国立公園(チリ)

アルゼンチン・パタゴニア

フィッツロイ山群&ペリトモレノ氷河 

 

フィッツロイ山群(フィッツロイ峰 & セロトーレ峰)

フィッツロイ山群を代表する2つの名峰、フィッツロイ峰とセロトーレ峰。基点の村チャルテンから、日帰りハイキングとテント泊トレッキングのどちらでも、フィッツロイとセロトーレを展望できます。
日帰りハイキングとテント泊トレッキング、体力に合わせて、それぞれ細かくコースをアレンジ可能です。
早朝に輝くフィッツロイやセロ・トーレを望むには、テント泊が必要となります。テント泊の場合には、最低1泊2日から可能ですが、フィッツロイとセロトーレの両方を展望する場合には、2泊3日です。
【フィッツロイ峰】

【セロトーレ峰】
フィッツロイ山麓

チャルテン村

アルゼンチン・パタゴニアで、トレッキングの基点となるのは、チャルテン村です。フィッツロイとセロトーレの山麓に位置するために、様々な種類のトレッキングのベースとなっています。日帰りハイキングやテント泊トレッキングのコースがいくつもあり、付近には宿泊できる牧場(エスタンシア)など、チャルテン村をベースにすると様々なアウトドア体験をすることができます。

 

テント泊トレッキング(常設キャンプ利用)

●常設テントを使用する、テント泊トレッキング
フィッツロイ、セロトーレ、両方のベースキャンプには、キッチンとダイニング・テントが常設されています。お客様が宿泊するテントも、このキャンプ地に常備しています。食糧やテントを担ぐことなく、テント泊トレッキングを楽しむことができます。なお、テント泊トレッキングでは、専属トレッキング・ガイドの同行が必須です。
フィッツロイ直下のキャンプすることで、朝日に輝くフィッツロイや夕焼けに浮かび上がるフィッツロイを展望できます。
【カメラ機材ポーター】
チャルテン村とキャンプ間のトレッキング用に、カメラ機材を運ぶポーターを手配することも可能です。弊社のポーターは一緒に歩きますので、必要な場所で機材を広げて、トレッキング中も写真撮影のアシストします。
 
●最短で、日本発着「8・9日間」から、ご旅行いただけます
内容によって旅行日数も異なりますが、最短では8・9日間の日数で、ペリト・モレノ氷河観光とフィッツロイ山群のハイキングが可能です。

日帰りハイキング

代表的なハイキング・コースは、下記2種類です。

●フィッツロイ展望ハイキング

体力に合わせて、ハイキングを専属ガイド同行で手配できます。最奥部トレス湖の往復には徒歩約8~9時間、フィッツロイBC展望台の往復には徒歩約5時間、カプリ湖の往復には徒歩約3時間です。
 
●セロトーレ展望ハイキング

体力に合わせて、ハイキングを専属ガイド同行で手配できます。最奥部トーレ湖の往復には徒歩約7~8時間、セロトーレ展望台の往復には徒歩約4~5時間です。

  PAGETOP

山岳写真

フィッツロイ峰やセロトーレ峰の写真撮影を目的とした手配も可能です。
・機材運搬のポーターを同行させてのテント泊トレッキング、星空や朝日、夕焼けの撮影ができます。
・日帰りハイキングだけでアプローチできるフィッツロイ展望台やセロトーレ展望台での撮影
・車両の移動のみでの撮影。専用車を駆使することで、歩行無しでの撮影も可能です。

ビエドマ氷河

ビエドマ氷河は、チャルテン村から半日ツアーで行けるアクセスの氷河です。氷河の末端の幅は約5kmあり、モレノ氷河に次ぐ大きさです。
モレノ氷河との違いは、ビエドマ氷河には観光客がほとんどいないことでしょう。まだ観光地化していない環境下でたっぷりと氷河を満喫できます。
近年の急激な氷河後退により、氷河ツアーの内容は毎年変わっています。

●ビエドマ氷河クルーズ
チャルテン村発着で所要約3時間の観光です。上陸は無く、クルーズ船からだけの展望です。
 
●ビエドマ氷河散策観光
チャルテン村発着で所要約4時間の散策観光です。氷河を展望する陸地に上陸して、簡単な散策をします。※氷河上は歩きません。
 
●ビエドマ氷河アイス・トレック
チャルテン村発着で所要約7時間の氷上ハイキングです。 専属ガイドがご案内する混載ツアーです。アイゼンを付けての歩行となりますが技術は必要ありません。初心者でも可能ですが、アイゼン着用で氷上を3~4時間ほど歩ける体力は必要です。
 
エクスペディション

パタゴニア南部氷原(大陸氷床)トレッキング

広大な雪原が広がるパタゴニア大陸氷床を歩き、フィッツロイ山群を一周します。
南極、グリーンランドに次ぐ世界で3番目に大きなパタゴニア大陸氷床の一端を歩き、氷河源流部から中流を経て下流、そして氷河末端までの全てを展望できます。
フィッツロイは北部から望み、セロトーレは氷床上を西部から望めます。セロトーレ直下のキャンプは、氷河を抱く針峰に囲まれた山岳展望が抜群に良い場所です。
果てしない雪原の大陸氷床、フィッツロイとセロトーレの山岳展望、そしてビエドマ氷河の源流から末端まで展望する、パタゴニアで最も美しいトレッキング・ルートの一つです。
●「パタゴニア南部氷原」関連記事: http://www.andina-travel.com/blog/archives/2873
 

コース日程

フィッツロイ北部のマルコーニ氷河を歩き、大陸氷床に上がります。広大な雪原をスノーシューで歩き、セロトーレ直下のキャンプ地へ。セロトーレを中心に、氷河を抱く針峰群に囲まれた抜群に展望の良いキャンプ地です。雪原の彼方には、マリアーノ・モレノ山群を望み、ビエドマ氷河の源流部へさらに雪原を歩きます。
 
トレッキング後半は、ビエドマ氷河のサイド・モレーンを歩きます。ビエドマ氷河を望みながら、美しい清水が流れる草原や沼沢地を歩きます。ビエドマ氷河の下流でウエムル峠を越えると、広大なビエドマ湖とパタゴニア東部の乾燥した草原、ビエドマ氷河の末端部を見下ろせます。ビエドマ湖岸に降りて、最後はボートで渡り、チャルテンに戻ります。
予備日2日間を含む6泊7日トレッキングです

 

体力の目安 

・80リットル(18~22kg)のザックを担ぎ、一日当り標高差800mの往復・約8時間の歩行ができる体力を必要とします。申込前には、弊社で体力や経験をお聞きします。参加不可と判断する場合は、お申込をお受けできない場合もあります。 
・スノーシュー、ハーネスは現場でお貸ししますが、ご自身で運んでいただきます。スノーシューはザックの外側に外付けします。 
・アイゼンはご自身のものをお持ちください。 
・氷原上では、スタッフはソリを引きます。お手伝いいただく場合もありますので予めご了承ください。 
・テント設営では率先してガイドを手伝ってください。
※別料金で、荷物運搬の専属ポーターを同行させる手配も可能です。

 

ロス・グラシアレス国立公園

ロス・グラシアレスは、スペイン語で「氷河」を意味します。山梨県とほぼ同じ面積を有する巨大な国立公園のほとんどが、巨大な氷河“パタゴニア南部氷床”に覆われています。代表的な観光地ペリト・モレノ氷河は、その氷床から流れ出る氷の一端になります。この氷床の面積は、南極、グリーンランドに次ぐ面積に広がります。偏西風による湿った空気が流れ込み氷床を成長させ、夏には氷河として流れ落ちる絶妙な自然のサイクルの一部を目にすることができます。小さな氷河を含めると100以上の氷河があり、中でも有名なのが、ペリト・モレノ氷河です。また、近年急激に後退していることでウプサラ氷河も有名です。
国立公園の南部を代表するのが、カラファテを基点にペリト・モレノ氷河、北部を代表するのがチャルテン村を基点に名峰フィッツロイとセロ・トーレです。

  PAGETOP

カラファテ

カラファテは、アルゼンチン・パタゴニアの基点として栄える小さな町です。アルゼンチン湖の湖畔に位置します。ペリト・モレノ氷河、ウプサラ氷河、そしてクリスティーナ牧場やチャルテン村へ行く場合の拠点となります。中心部のリベルタドール通りに沿って繁華街が並びます。
 ここからチャルテン村へは、片道約3時間の距離です。また、チリのプエルト・ナタレスへも国境を超えるバスが運行しています。
  PAGETOP

ペリト・モレノ氷河

先端部の幅が約5km、高さ60mを誇る巨大なペリト・モレノ氷河は、南部パタゴニアの観光名所となっています。夏には平均2m前進して、大砲のような轟音をだして崩れ落ちます。豊富な降雪と絶妙な流速により、森の中に氷河が流れ込むという絶景が見れる場所です。4月には、付近の南極ブナが紅葉で赤くなり、さらに美しい景観を楽しめます。
 基点の町は、南部パタゴニアの玄関となる、「カラファテ」です。
 

 

エスタンシア滞在(牧場ホテル)

エスタンシアは、パタゴニアの開拓時代から続く大牧場がツーリストの受け入れをする「牧場ホテル」です。弊社ではチャルテン村を基点にして、現地エスタンシアとも顔の見える手配をしています。
クリスティーナ牧場、ニベポアイケ牧場、ラキンタ牧場、ヘルシンガー牧場、エステーラ牧場、レオナ牧場など、ご希望の旅に合わせて、最適なエスタンシアを手配します。
LinkIcon「エスタンシア」専用ページ

カヤック(カヌー)

《日帰り:カヤック》

●「ウプサラ氷河カヤック(カラファテ発着:所要約8時間/送迎込)」・・・アルゼンチン湖の西部・ウプサラ氷河近くの水道で、ウプサラ氷河から流れてくる氷山を見ながら漕ぐ、カヤックに乗る時間は約3~4時間ほどのツアーです。エメラルド色に輝くアルゼンチン湖で、青い氷山を間近に見学できる貴重な体験となるでしょう。安定性の高いシーカヤックで、専属カヤック・ガイドがご案内する混載ツアーです。初心者可。
 
●「ブエルタス川カヤック(チャルテン発着:所要約4時間/送迎込)」・・・チャルテン村の北、約10キロほどの地点から、ブエルタス川を下る約2時間のツアーです。安定性のあるカヤックで、専属カヤック・ガイドがご案内する混載ツアーです。天候や風の影響が強い地域のため、当日(又は前日)に催行の可否が決まります。初心者でも可能な緩やかな川です。

《日帰り:ラフティング》

 ●「ブエルタス川ラフティング(チャルテン発着:所要約4時間/送迎込)」・・・グレード2の簡単な川をラフトボートで下ります。
 

《テント泊:ツーリング・カヌー》

●「レオナ川カヌー・ツーリング (チャルテン、カラファテ発着:所要2日/送迎込)」・・・カラファテとチャルテンの間を流れるレオナ川の約70キロを、テント泊2日かけてツーリングします。経験者のみ参加可能(要相談)。
 
●「サンタクルス川カヌー・ツーリング (カラファテ発着:所要5日/送迎込)」・・・カラファテのアルゼンチン湖東部から、サンタクルス川を4泊5日かけて約350キロ下り、大西洋を目指します。上級者のみ参加可能(要相談)。
※現在、ダムを建設する準備が進んでいるため、2017年も催行できるかはダム工事の進捗により決まります。
※「カヌー」と「カヤック」、大義では同じとして記載しています。日帰りツアーでは「カヤック」と表記、テント泊ツーリングでは「カヌー」として記載を分けています。

  PAGETOP

ウシュアイア

南米大陸最南端の町ウシュアイアは、マゼラン海峡とビーグル水道の間に浮かぶ、フエゴ島の南端にあります。フエゴ島の「フエゴ」は火を意味します。名前の由来には諸説ありますが、かつてマゼランがこの島で先住民が灯す灯を見て、黄泉の国の火と思い、“火の島”・フエゴ島と名付けと言われています。
フエゴ島の西半分はチリ領、東半分がアルゼンチン領です。南極クルーズの出発点であり、アラスカから始まるパン・アメリカン・ハイウェイの終着点でもあることから、世界最南端の町として近年は観光で栄えています。
 

《ティエラ・デル・フエゴ国立公園》
アラスカから続く、パン・アメリカン・ハイウェイの終着点が、この国立公園のラパイタイア湾です。付近には野生動物も多く、ウシュアイアから観光ツアーもあります。世界最南端を走る蒸気機関車「世界の果て号」の乗車も含めた観光ツアーも人気です。
 

《ビーグル水道クルーズ》
海洋生物オタリアやアザラシ、ペンギン(終日)の島があり、半日~終日ボート観光で観察をすることも可能です。また、終日ツアーでは、ハーバートン牧場をセットにしたツアーもあります。

  PAGETOP

フィッツロイ展望ドライブ+ペリトモレノ氷河 6日間

専用車からのフィッツロイ展望にこだわり、ハイキングなどで体力を使うことなく、フィッツロイ峰を展望します。

1日目:

夜、ブエノスアイレス着
専用車でホテルへ。
ホテル泊 食事(-・-)

2日目:

専用車で空港へ。
国内線で、 カラファテへ。
午後、カラファテ着
専用車でホテルへ
ホテル泊 食事(朝・-・-)

3日目:

カラファテ      滞在
「混載・終日ペリトモレノ氷河観光(クルーズ付き)」
※昼食は、ランチボックス
※国立公園入場料は含まれておりません
ホテル泊 食事(朝・昼・-)

4日目:

フィッツロイ山麓のチャルテン村へ(所要約3時間)
着後、レストランでアルゼンチン家庭料理
約2時間のフリータイム後、カラファテへ戻る
カラファテへ(所要約3時間)
ホテル泊 食事(朝・昼・-)

5日目:

専用車で空港へ。
国内線でブエノスアイレスへ。
着後、「混載・タンゴディナーショー」
ホテル泊 食事(朝・-・夕)

6日目:

出発まで自由行動
専用車で空港へ。
夜、国際線発。
食事(朝・-・-)
 

フィッツロイ展望ショート・ハイキング+ペリトモレノ氷河 6日間

フィッツロイ峰の山麓で、ショート・ハイキングを含めたハイキング初心者向けの充実プランです。

1日目:

夜、ブエノスアイレス着
専用車でホテルへ。
ホテル泊 食事(-・-)

2日目:

専用車で空港へ。
国内線で、 カラファテへ。
午後、カラファテ着
専用車でホテルへ
ホテル泊 食事(朝・-・-)

3日目:

カラファテ      滞在
「混載・終日ペリトモレノ氷河観光(クルーズ付き)」
※昼食は、ランチボックス
※国立公園入場料は含まれておりません
ホテル泊 食事(朝・昼・-)

4日目:

フィッツロイ山麓のチャルテン村へ(所要約3時間)
着後、専属ガイドと合流して、ハイキング開始
「フィッツロイ展望ハイキング(往復約4時間)」
※フィッツロイ峰を展望できる小さな丘へ。
※昼食は、ランチボックス

5日目:

専用車で空港へ。
国内線でブエノスアイレスへ。
着後、「混載・タンゴディナーショー」
ホテル泊 食事(朝・-・夕)

6日目:

出発まで自由行動
専用車で空港へ。
夜、国際線発。
食事(朝・-・-)
 

フィッツロイ展望ハイキング+ペリトモレノ氷河 6日間

フィッツロイ峰の山麓で、少しハードなハイキングを含めたハイキング中級者向けの充実プランです。

1日目:

夜、ブエノスアイレス着
専用車でホテルへ。
ホテル泊 食事(-・-)

2日目:

専用車で空港へ。
国内線で、 カラファテへ。
午後、カラファテ着
専用車でホテルへ
ホテル泊 食事(朝・-・-)

3日目:

カラファテ      滞在
「混載・終日ペリトモレノ氷河観光(クルーズ付き)」
※昼食は、ランチボックス
※国立公園入場料は含まれておりません
夕刻、フィッツロイ山麓のチャルテン村へ(所要約3時間)
ホテル泊 食事(朝・昼・-)

4日目:

専属ガイドと合流して、ハイキング開始
「フィッツロイ展望ハイキング(往復約9時間)」
※フィッツロイ峰の直下トレス湖へ。
※昼食は、ランチボックス
ホテル泊 食事(朝・昼・-)

5日目:

専用車で空港へ。
国内線でブエノスアイレスへ。
着後、「混載・タンゴディナーショー」
ホテル泊 食事(朝・-・夕)

6日目:

出発まで自由行動
専用車で空港へ。
夜、国際線発。
食事(朝・-・-)
 

テント泊フィッツロイ展望トレッキング+ペリトモレノ氷河 8日間

フィッツロイ峰を展望するプライベートキャンプでのテント泊2連泊をするトレッキングです。山麓キャンプに滞在することで一日当りの歩行時間を縮小してより楽に歩けます。

1日目:

夜、ブエノスアイレス着
専用車でホテルへ。
ホテル泊 食事(-・-)

2日目:

専用車で空港へ。
国内線で、 カラファテへ。
午後、カラファテ着
専用車でホテルへ
ホテル泊 食事(朝・-・-)

3日目:

カラファテ      滞在
「混載・終日ペリトモレノ氷河観光(クルーズ付き)」
※昼食は、ランチボックス
※国立公園入場料は含まれておりません
夕刻、フィッツロイ山麓のチャルテン村へ(所要約3時間)
ホテル泊 食事(朝・昼・-)

4日目:

専属ガイドと合流して、トレッキング開始
「フィッツロイ展望トレッキング 1日目(徒歩約4時間)」
※昼食は、ランチボックス
※キャンプでは、スタッフがテント設置して、食堂テントで暖かい紅茶を用意してお待ちしています。
テント泊 食事(朝・昼・夕)
 

5日目:

 
フィッツロイ展望キャンプ滞在
 
「フィッツロイ展望トレッキング 2日目(徒歩約4時間)」
フィッツロイ直下のトレス湖を往復
 
※昼食は、ランチボックス
 
テント泊 食事(朝・昼・-)
 
 

6日目:

 
「フィッツロイ展望トレッキング 3日目(徒歩約4時間)」
 
フィッツロイを展望しながら、チャルテン村に戻ります。
 
 ※昼食は、ランチボックス
 
ホテル泊 食事(朝・昼・-)
 

7日目:

専用車で空港へ。
国内線でブエノスアイレスへ。
着後、「混載・タンゴディナーショー」
ホテル泊 食事(朝・-・夕)

8日目:

出発まで自由行動
専用車で空港へ。
夜、国際線発。
食事(朝・-・-)
 

チリ

パイネ国立公園

◆パイネ国立公園
チリ側のパタゴニアを代表するのが、パイネ国立公園です。基点となる町は、車で約2時間ほど南のプエルト・ナタレスです。巨大な山群は大阪府と同じくらいの面積に広がり、パタゴニア大陸南部氷床の南端に位置するグレイ氷河を始め、パイネの名峰が集まります。各名峰を望むロッジやホテルの設備は充実していて、ショート・ハイキングから小屋泊の縦走トレッキングまで、様々なコースがあります。
※縦走トレッキングは、基本的には、グループ向けです。2名様の手配では、ロッジ(又はエコ・キャンプ)を基点とした日帰りハイキングか、終日で巡る観光が一般的です。

  PAGETOP 

山岳写真(専用車利用・軽ハイキング)

パイネ国立公園で山岳写真の撮影に集中したい場合には、トレッキングよりも、専用車を利用して巡る方が、効率よく、良いアングルで撮影することができます。特に、ペオエ湖周辺を始め、南麓・東麓など、弊社が手配するフォト・ガイドは、一般観光客の来ない撮影ポイントにもご案内します。 
【パイネ山群全景:ペオエ湖畔】

【クエルノ峰】

【グランデ峰】

 
【トーレスデルパイネ峰】
  PAGETOP

山小屋泊・縦走トレッキング 4~5日間 《Wトレック》

パイネ山群の南麓を小屋泊で歩く縦走トレッキングです。グランデ小屋、クエルノ小屋、チレーノ小屋、ラストーレス小屋に宿泊します。
このコースでは、グランデ峰、クエルノ峰、トーレス・デル・パイネ峰の全てを間近で望むことができます。
※一日当り歩行時間は約5~7時間です。
※最小催行人数:2名様以上。コストの関係から1名様での手配は難しいです。 
【グランデ峰】

【クエルノ峰】

【トーレス・デル・パイネ峰】

野生動物 ラクダ科グアナコ

専用車を利用することで、野生動物の撮影や観察ができます。パイネ国立公園では、グアナコの群れを専属ガイドが探します。
  PAGETOP

チリ最南端の町プンタアレナス、ペンギン・コロニー

チリ最南端の町プンタ・アレーナスは、マゼラン海峡に面する小さな町です。周辺には広大な草原が広がり、世界的に有名な羊毛の産地です。市内のサレジオ博物館の収蔵品は、パタゴニアで一番規模の大きな博物館」です。中心部のアルマス広場には、マゼラン像があります。マゼランの足もとに座るオーナ族の足を触ると幸福になると、言われています。
付近には、ペンギンのコロニーがいくつかあり、パイネ山群に向かう途中でペンギンのコロニーに立ち寄ることも可能です。
   PAGETOP