パタゴニア

パイネ国立公園 

アタカマ高地

アタカマ高地 

チリ・アタカマの基点

サン・ペドロ・デ・アタカマ 

チリ北部、カラマ空港から車で約40分にあるのが、チリ側アタカマ高地の基点サンペドロ・デ・アタカマ(2430m)です。
高所順応にも適した標高のサンペドロでは、付近にいくつもの観光ポイントがあります。

アタカマ塩湖

ボリビアのウユニ塩湖に次ぐ世界第二の塩湖です。塩の大平原が続くウユニ塩湖とは異なり、茶褐色の塩の塊が降り積もったような塩湖です。観光地のチャクサ湖周辺にはフラミンゴのコロニーがあります。半日観光で立ち寄りが可能です。
 

月の谷

サンペドロから車で約30分ほどで着く「月の谷」は、その名の通り、月面世界のような風景が広がることから「月の谷」と呼ばれるようになりました。
夕方は特に美しい時間であることから、多くのツアーが夕方発の約3時間ほどのツアーで日没を望むことになります。
 

星空観賞

サンペドロ近郊には、アルマ展望台があることで有名ですが、乾燥したアタカマ高地は、星空観賞にも最適です。
 

ボリビア・チリ国境越え

アタカマ高地縦断 (ウユニ~サン・ペドロ・デ・アタカマ) 

ボリビア南部とチリ北部に広がるアタカマ高地には、いまだ観光客の訪れない荒野が広がります。神秘的な色に輝く湖や間欠泉が点在し、チリ側には世界第2の塩の湖・アタカマ塩湖もあります。乾季には、抜けるような青い空がどこまでも続き、夕焼けや星がとてもきれいに見えることでも有名な地域です。
 
アタカマ高地の人気スポットである、ラグーナ・コロラダやラグーナ・ベルデは、ボリビア側にあります。車両・ガイドもウユニをベースに手配されるので、旅の基点もウユニ塩湖として、アタカマを往復するのが最も効率的です。
 

チリ・ボリビア国境越え

または、チリのサンペドロ・デ・アタカマをベースに国境を越えて、ボリビア側のアタカマを巡り、ウユニへ縦断するのもお勧めです。
※車両・ガイドは国境を越えることができないために、ボリビア側の車両・ガイドはウユニから来あす。そのため縦断プランはコストが高くなることが多く、ウユニ発着でのアタカマ往復プラン(ボリビア内のみ)をお勧めしています。
 

モデルプラン

チリ・ボリビア国境越え・アタカマ高地縦断(逆ルートも可能)

1日目:サンティアゴから、サンペドロ着。
2日目:サンペドロ滞在。「サンペドロ周辺観光(アタカマ塩湖や月の谷など)」
3日目:サンペドロ・デ・アタカマから、専用車でボリビア国境へ。国境にて、ボリビアのウユニから迎えに来ている専属ガイドと専用車に合流。ラグーナ・ベルデ、ラグーナ・コロラダを経て、ビジャマル村(4000m)へ。途中、4600m以上の峠を通過します。
4日目:丸1日かけて北上。ウユニ塩湖へ。塩のホテル泊。
5日目:「ウユニ塩湖観光」
6日目:専用車で空港へ。国内線で、ラパスへ。
 

ボリビア・アタカマ高地周遊(国境を越えないことで、費用を押さえています)

1日目:国内線でラパスからウユニへ。塩のホテル泊
2日目:ウユニ塩湖観光。塩のホテル泊
3日目:専用車でアタカマ高地へ。ビジャマル泊
4日目:ラグーナ・コロラダやラグーナ・ベルデなどを経て、ビジャマルへ戻る。
5日目:丸1日かけて、ウユニ塩湖へ戻る
6日目:国内線で、ラパスへ。
 

アタカマ塩湖

ボリビアのウユニ塩湖に次ぐ世界第二の塩湖です。塩の大平原が続くウユニ塩湖とは異なり、茶褐色の塩の塊が降り積もったような塩湖です。観光地のチャクサ湖周辺にはフラミンゴのコロニーがあります。半日観光で立ち寄りが可能です。
 

アタカマ高地

イースター島


先住民が「ラパ・ヌイ」と呼ぶイースター島は、チリの海岸からは約3700km、タヒチからは約4000km離れている南洋の絶海の孤島です。モアイ像の数は、大小合わせると約1000体に及ぶと言われ、まだ岩から削り出されていた途中のものや土に埋もれたものまで様々です。最大で20mのモアイ像もあり、モアイ像の保存の良い地域は「ラパヌイ国立公園」として世界遺産に指定されています。
 

イースター島観光

アフ・トンガリキやラノララクなど、モアイ像の名所を見学する観光は、「終日観光」で手配できます。「半日観光」では、オロンゴを訪れます。
 

イースター島最高峰・テレバカ登頂ハイキング(往復徒歩約4.5時間)

島の北西部にあるテレバカ山は標高500mのイースター島最高峰です。太平洋を望む大展望が広がる山を歩き、山麓ではモアイ像を見ることも可能です。
 

ショート・ハイキング

モアイ像を見学しながら、簡単なハイキングを手配することも可能です。トレイルを歩き、島の北部地域をショートハイキングします。 「モアイの道」などお勧めです。
 

モデルプラン

1日目:午後、イースター島着。専用車でハンガロア村のホテルへ。
2日目:「終日イースター島観光+ショート・ハイキング」
3日目:「テレバカ登頂ハイキング」+「半日イースター島観光」
4日目:午前、オロンゴ観光。午後、空港へ移動。
 

イースター島へのアクセス

チリの首都サンティアゴから往復するルートと、タヒチ経由で来る2つのルートがあります。タヒチ経由では、途中タヒチ泊も必要ですが、効率の良いルートとして人気があります。

チリの首都

サンティアゴ

チリの首都サンティアゴは、各地域への基点として乗り継ぎますが、時間があれば宿泊することもお勧めです。新市街は居心地の良い都会的な町並みが広がり、有名レストランでの食事も手配しています。